福山市日吉台で天窓からの雨漏りを修理

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

明かりとりの天窓

酷暑が過ぎ去り、過ごしやすくなったかと思えば雨続き。
屋根屋さん泣かせの空模様で職人さん達を翻弄しております。

さて今回は、部屋の明かりとり「天窓」
あるとないとじゃ室内の明るさが全然違います。しかし結構トラブルを起こすようです。
天窓の周りが経年劣化し、雨漏りを起こしてしまったお宅の修理にうかがいました。

室内ではクロスが剥がれていました。
屋根に上り天窓周辺を調べてみると、天窓下部にある水切の鉛板に穴が開いていました。こんな小さな穴が雨漏りの原因になるんですね。
これは屋根に上ってみないと発見できません。
鉛板の下の瓦をめくってみると雨水が入り込んでいた痕跡が残っていました。
とりあえずの応急処置をして
後日、新しい水切に取り替えました。
室内の天窓周辺にカビやシミ、クロスの剥がれがないかこまめにチェックしましょう。
異変がなくても年数が経っている天窓は一度チェックしてもらうのがおすすめです。異変を見つけたらすぐ連絡ください。
すぐ伺います!

藤井製瓦工業について

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

  • 瓦
  • 塗
  • 庭
  • 外まわりリフォームメニュー表
  • びんごデコラとは
  • 屋根お守り会委員募集中
  • ドローン屋根点検
雨漏り診断
  • 施工の流れ
  • LINE簡単見積もり