福山市草戸町で庇の板金張替

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

庇の板金はサビる

一雨ごとに気温が下がっていき体調を崩しやすい季節。
例年より寒暖差が激しいので着るものの調整も難しいですよね。

さて、今回は家の窓の上にある庇(ひさし)。
窓に日差しや雨が降り込むのを防ぐためにあるのですが、最近は庇のない家も増えています。
庇は板金で覆われているのですが、年と共に錆が発生したり穴が開いたりします。もちろん、放っておくと雨漏りが起こります。

こんな状態の板金を見かけたことありませんか?
今はガルバリウム鋼板など耐久性に優れたものが使われることが多いですが、ひと昔前はトタンが使われていました。塗装が剥げてしまうとアッという間に劣化してしまいます。
既存の板金を撤去し、防水紙を敷きます。
ガルバリウム鋼板で覆って完成です。
他の庇も板金を交換しました。
庇は壁際が雨の侵入経路になりやすいのでしっかりと仕上げます。
屋根の重なる部分も雨の侵入を防ぐよう施工します。
錆だらけの庇が耐久性の高いガルバリウムに変わり、建物の雰囲気も変わりました。しばらくは手入れもいらず、安心です。
庇からの雨漏りは壁を伝うように入り込むので、発見までに時間が経ってしまうこともあります。雨漏りをしていなくても庇にサビが見られるようになったら、一度専門の業者に見てもらうのがおススメです。

藤井製瓦工業について

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

  • 瓦
  • 塗
  • 庭
  • 外まわりリフォームメニュー表
  • びんごデコラとは
  • 屋根お守り会委員募集中
  • ドローン屋根点検
遮熱工事
雨漏り診断
  • 施工の流れ
  • LINE簡単見積もり