雨漏り調査と修理

雨漏りの調査依頼

雨が続くと雨漏りの連絡をたくさんいただきます。
連絡をいただいたら、まずは調査に伺います。雨漏りの原因はいろんなパターンがあるので実際に見てみないとちゃんとした修理はできません。調査を行うのは「瓦屋根診断技士」の資格を持つスタッフ。もちろん職人経験もありますので調査に伺ったその日にできることはその場でやります。ですが資材を揃え職人さんの段取りを組んでする修理になってしまうこともあります。今回は職人さんが行くパターンの修理を紹介します。


雨漏りで天井が濡れています。かなりの量の水が入り込んでいるので原因を探ります。
雨漏り箇所の上を見てみると樋がはずれていました。強風の影響かと思われます。ここからあふれた水が壁に伝い瓦の下に入って雨漏りを起こしていました。
樋は新しい物に取り替えましたが、壁際ののし瓦の状態もあまり良くないので上に大型の水切板金を被せて水が入らないようにしました。

雨樋が雪の重みで壊れて波打っていました。これでは雨水を流すことができず溢れてしまいます。

この部分の雨樋を取り替え、正常な状態になりました。
雨樋と板金の工事でしたが、この補修は火災保険が適用され費用のほとんどを賄うことができました。条件次第ですが、火災保険が使えるなら安心して修理する事ができますね。
火災保険の相談にものれる藤井製瓦の営業チームに雨漏り調査をお任せください!

藤井製瓦工業について

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

  • 瓦
  • 塗
  • 庭
  • 外まわりリフォームメニュー表
  • びんごデコラとは
  • 屋根お守り会委員募集中
  • ドローン屋根点検
遮熱工事
雨漏り診断
  • 施工の流れ
  • LINE簡単見積もり