遮熱工事

藤井製瓦工業の遮熱工事
こんなお悩みありませんか?
  • 工場や倉庫、店舗などの年間光熱費を削減したい
  • エネルギー消費量を削減したい
  • 暑さ、寒さ、結露対策を行いたい
そのお悩み、藤井製瓦工業の遮熱工事で解決します!

遮熱工事とは?

遮熱工事とは、太陽から放射された熱を文字通り「遮り」、熱が吸収される前に熱の侵入を防ぐ為の工事です。

特に太陽光の強い夏場に於いては熱を強く反射させ、室内の気温上昇を抑える事ができます。

対して断熱とは、熱の吸収スピードを遅くする事を言います。

遮熱と断熱の違いとは?

遮熱と断熱はそれぞれ役割が異なります。 遮熱材は「熱(輻射熱)を反射させて跳ね返す」材料に対し、断熱材は「熱の伝わるスピードを遅くする」材料になります。

従来の断熱材と最新の断熱材

従来の断熱材では熱の伝導を遅くするのみで完全に防ぐ事はできず、熱の7割を占める輻射熱は、断熱材の中に長時間吸収されてしまっていました。

一方遮熱材は高い反射性能で、輻射熱の99%をカットする事ができるので、建物内に余分な熱を発生させません。

屋根・外壁の
遮熱工事について

同じ気温でも日なたと日陰の温度の感じ方が違うのは、太陽の輻射熱(ふくしゃねつ)が直接体に当たり、熱を発しているから。遮熱材は、そんな輻射熱を大幅にカットし、建物内を適切な温度に保ちます。

遮熱効果で建物が暑く(寒く)なりにくいので、熱中症やヒートショックなどの健康被害を防ぐのはもちろん、空調光熱費を60%削減する事も可能です。

熱は温度の高い方から低い方へ、温度が等しくなるまで移動を続けます。 夏場は屋根・外壁は太陽の熱線によって熱され、赤外線によって段階的に熱が室内に侵入します。

藤井製瓦工業おすすめの遮熱材

リフレクティックスとは?

リフレクティックスは、宇宙産業の反射絶縁材料を地球環境に応用させた、最新の遮熱材です。
厳しい宇宙環境から生み出されたリフレティックスは、たった8mmの薄さで輻射熱の99%を反射し、今までの断熱の常識を覆しました。

さらに劣化原因となる紫外線も99%反射するので、リフレクティックスは100年経っても再利用可能な商品です。

商品のより詳しい情報については、公式ホームページをご覧くださいませ。

▶リフレティックス公式ホームページ

ご相談・お見積もりは
もちろん無料!
ぜひお問い合わせ
ください

藤井製瓦工業について

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

  • 瓦
  • 塗
  • 庭
  • 外まわりリフォームメニュー表
  • びんごデコラとは
  • 屋根お守り会委員募集中
  • ドローン屋根点検
遮熱工事
雨漏り診断
  • 施工の流れ
  • LINE簡単見積もり