2018年11月

福山市鞆町で塀瓦の修理

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

塀の上の瓦

自転車での移動が寒さとの戦いになってきた今日このごろ。
そろそろごつめの上着が必要ですね。

今回は塀瓦の修理をご紹介します。
私の勝手なイメージは立派なお屋敷の塀。↓



ですが、いろんな形の塀瓦があるんですね。意識して見てみると意外とたくさんの塀に瓦が乗っていることに気が付きました。

今回は少し高い位置にある塀瓦を修理させていただきました。

塀瓦も古くなると劣化や瓦の割れが発生します。
割れた瓦を撤去しました。
キレイな塀になりました。

今新しく建てられる住宅は洋風な家が多くフェンスなどが使われるようになり、塀瓦を使った塀を新しく作る家は少なくなりました。メンテナンスが必要な時はぜひお手伝いさせてください。

福山市駅家町で瓦補修

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

神社の神門の瓦の修理

本格的に寒さが厳しくなってきました。風邪を引いた子供を病院へ連れて行くとすごい混雑でした💦

今回は瓦の部分的な修理を紹介します。

神社の神門です。降り棟が崩れて原型をとどめていません。鬼瓦があったはずですが落ちてしまったようです。このまま雨が降ると土が流れ、他の瓦も落ちてきます。
落ち葉が溜まっています。これも瓦の下に水が回る原因なので掃除した方がいいです。
崩れたりズレたりしない様に一枚一枚銅線で緊結し、隙間ができない様に熨斗瓦を積んでいきます。
鬼瓦も元通り、綺麗な降り棟の完成です。
瓦一枚の交換で済んだ瓦の割れが、雨漏りするまで気付かないと下地板が腐ったりして交換が必要になることもあります。そうすると大きな費用と工事が必要になります。自宅の瓦の年数を考えてみて、定期的な点検をしたいと思われるなら信用できる業者を見つけておくのが大切だと思います。

福山市草戸町で庇の板金張替

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

庇の板金はサビる

一雨ごとに気温が下がっていき体調を崩しやすい季節。
例年より寒暖差が激しいので着るものの調整も難しいですよね。

さて、今回は家の窓の上にある庇(ひさし)。
窓に日差しや雨が降り込むのを防ぐためにあるのですが、最近は庇のない家も増えています。
庇は板金で覆われているのですが、年と共に錆が発生したり穴が開いたりします。もちろん、放っておくと雨漏りが起こります。

こんな状態の板金を見かけたことありませんか?
今はガルバリウム鋼板など耐久性に優れたものが使われることが多いですが、ひと昔前はトタンが使われていました。塗装が剥げてしまうとアッという間に劣化してしまいます。
既存の板金を撤去し、防水紙を敷きます。
ガルバリウム鋼板で覆って完成です。
他の庇も板金を交換しました。
庇は壁際が雨の侵入経路になりやすいのでしっかりと仕上げます。
屋根の重なる部分も雨の侵入を防ぐよう施工します。
錆だらけの庇が耐久性の高いガルバリウムに変わり、建物の雰囲気も変わりました。しばらくは手入れもいらず、安心です。
庇からの雨漏りは壁を伝うように入り込むので、発見までに時間が経ってしまうこともあります。雨漏りをしていなくても庇にサビが見られるようになったら、一度専門の業者に見てもらうのがおススメです。

藤井製瓦工業について

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

  • 瓦
  • 塗
  • 庭
  • 外まわりリフォームメニュー表
  • びんごデコラとは
  • 屋根お守り会委員募集中
  • ドローン屋根点検
遮熱工事
雨漏り診断
  • 施工の流れ
  • LINE簡単見積もり