現場ブログ

福山市千田町で棟の修理

棟の種類

こんにちは。現場ブログ担当 嶋田です。
今日は棟の修理です。
棟と言えば屋根のてっぺんですが、てっぺん以外の棟にはそれぞれ名前があるのです。
降り棟、隅棟、陸棟 どれが何だかわかりにくいですよね。

調査に伺った時の状態です。
棟瓦が崩れて草が生えていました。雨水が瓦の下に入り込み、瓦を固定するための土に草が生えてしまったようです。
まずは棟瓦を解体します。元の瓦を再利用して一から作り直していきます。
降り棟を積んでいるところです。屋根用漆喰と銅線を使って一枚づつ固定してあります。
ある時「降り棟って何のためにあるのか」と言う話になりました。「風切り」のためと言われましたが、素人目には「いらないんじゃない?」と。
でも屋根の達人に言わせると「入母屋根は降り棟があるからカッコいい」んだそうです。確かに無かったら入母屋の独特な重厚感が感じられないかもしれないですね。
仕上がりました。
元の瓦を使っているのですが、新品のように綺麗です。
これは雨樋の中です。落ち葉よけネットが入っているのですが、いろいろと入り込んでいるようなので雨樋を掃除します。
家の周りに木が多いところは定期的な屋根・雨樋の掃除をしないと雨漏りの原因になったりするんです。落ち葉があることで水の流れが悪くなり瓦の下に水が入り込んでしまったり、樋に流れ込んで詰まらせたり…
中々見えにくいところなので雨漏りするまで気づかないことが多いのです。
以上棟の巻き直しと樋・屋根の掃除で2日間の作業となりました。
屋根の枯葉なんてそのうち風で飛んでいくだろうと軽く考えがちですが、山のふもとのお宅だとそうも言ってられないと思います。
雨漏りするまで放っておくと修理代が高くつくので点検・掃除、早めにしておけば安心です。

福山市山手町で雨漏りの修理

応急処置

こんにちは。
2回目の投稿、現場ブログ担当嶋田です。

今回は雨漏りの補修に伺いました。
なんと築100年以上の建物で、今は誰も住んでいないお宅です。
葺き替えをするべき状態ですが、今後どうするか決まっていないとのことで応急処置をすることになりました。

  瓦がズレて本来重なっている部分が見えています。この隙間から雨が入り込んで雨漏りしていました。ズレているなら戻せばいいんじゃない?と思いますが…
瓦のズレを戻すのはそんなに簡単ではないんです。この写真でいうと、大きく隙間の空いた瓦の下側の瓦全部がズレているのです。
そこで瓦型に加工したガルバリウム鋼板を差し込んで隙間を塞ぎ雨が瓦の下に入り込むのを防ぎます。
こちらは瓦が割れていました。
割れた瓦の上に瓦型ガルバリウム鋼板被せました。
大屋根に雨樋がないため、雨水が直接一階の瓦に落ちてだんだんとズレてしまったようです。
隙間のあるところ全部に板金を差し込みます。雨水が軒先まで流れるように道を作ってあげる感じです。
雨が入り込みそうなところは全部瓦型板金で補修しました。
当面は大丈夫だと思います。
屋根を葺き替えるのは安くない費用がかかるので簡単には決められません。
でも雨漏りを放っておくと、建物全体が傷んでしまい倒壊の恐れもでてきますので、こういった応急処置で時間を稼ぐのも有りかなと思います。

尾道市向島町で谷板金の交換

谷板金?!

こんにちわ。現場ブログ担当嶋田です。

素人の私は谷板金と言われてもピンときません…
で、いろんな人に教わりながらまとめてみました。

角度の違う屋根と屋根が合わさるへこんだ部分を谷といい、その谷が雨水を受け流すために入れてある金属製の板の事を谷板金と言います。
この谷板金は雨水が集中する部分なので雨漏り防止に重要なのですが、経年による劣化は避けられず、穴が開いたりしがちです。
今回ご依頼いただいたお宅ですが、銅製の谷板金が経年劣化により穴が開いて谷板の下に雨水が入り込んでいました。このまま放っておくと屋根の下地を腐らせてしまうので早めの処置が必要です。
全部で4箇所の交換をすることになりました。
谷板金を交換するために一度周りの瓦をめくらなくてはなりません。
銅製からステンレス製の谷板金に交換し耐久性が上がりました。谷板に穴を開けるわけにはいかないので、端材の板金を使ってビスで屋根に固定します。

瓦を元通りに戻し完成です。
これは大屋根トンネルといって、水の流れを堰き止めるようにある棟の下に隙間を開けて水を通してあげる道です。しかしあまり大きな通り道でないにも関わらず、容赦なくいろんなものが流れ込んできます。

反対側を見るとこんな感じで穴をふさいでいます。これだと雨水が堰き止められ、逆流して瓦の下に入り込んでしまいます。なので、定期的に点検と掃除をしないと雨漏りの原因になります。このトンネル掃除をして二日間の作業は終了しました。


​​う~ん、うまくまとめられてるでしょうか(汗)
これから徐々に上手にまとめられるよう頑張ります!

 

代表挨拶

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

確かな技術と、信頼の品質をお約束します。

代表挨拶​​​​​​​​​​​​​​​​​創業者藤井九一郎が福山市御幸町で瓦を焼きはじめたのが明治30年、今からおよそ一世紀前のことです。二代目、三代目と瓦づくりの心を受け継ぎながら、現在では一般住宅、ビル、店舗、寺社など、さまざまな建築物の屋根専門施工会社として、建築業界の一端を担っています。

創業以来120年、建築物の進化とともに、屋根も大きな進化をとげました。
当社ではその時代その時代に合わせた屋根づくりを使命とし、営業活動から資材調達、工事施工、お引き渡し、屋根のスペシャリストによる独自の点検に至るまで、一環した施工体制を整えています。
さらに工期短縮や粉塵対策、アフターサービス等々、お客様に喜んでいただけるシステムづくりに逸早く取り組むなど、キメ細かいサービスに務めております。

『家づくり』は一世一代の大仕事。その屋根のすべてに責任を持つ。』という創業からのモットーを胸に、常に新しい技術を追求していく会社でありたいと考えております。

代表取締役 藤井 孝浩

ただいま準備中です。

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

ただいま準備中です。更新までもうしばらくお待ちください。




藤井製瓦工業について

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ