リフォームの流れ

目視での調査が中心で、診断書は用意せず、口頭での説明が中心のことが多いです。お客様は伝えられた診断結果を信じるしかなく、不安は払拭されません。

経験豊富な屋根のプロが素早く無料点検にお伺いします。「瓦屋根診断士」、「一級かわらぶき技能士」などの資格を所有したスタッフが適格な診断を行います。
診断は30分~1時間程かけてしっかり行います。
無償で、詳細な調査内容を資料にまとめた診断報告書もお渡ししております。
その後打ち合わせを行い、診断結果を踏まえた上でベストプランを提案いたします。

見積もりは業者によって様式もバラバラ。比較したくても合計の金額しか比較できないことが多く、それが適正な金額なのか、適正な工事をしてくれるのかわからなくなり、ますます不安になってしまいます。

診断書とお写真をご覧いただきながら、診断結果を踏まえてベストプランをご提案させて頂いたうえで、お見積もり書を提出させていただきます。

また、一級かわらぶき技能士の資格を持った自社職人による施工を行っておりますので、責任を持って管理しつつ、中間マージンもカットすることができるため、適正価格で高品質な施工をご提供することができます。

施工が始まったら後は仕上がるのをただ待つだけ。「どんな風に仕上がるのか?」「うまくいくのか?」「満足いく仕上がりになるのか?」と、不安を感じながらも、上手くいくことをただ願うのみです。

多くの会社は長持ちさせることだけを考えた施工を行っています。当社は長持ちさせるのはもちろんのこと、完成後の美しさにとことんこだわります。
また、弊社ではこのように工事の様子を細かく最初から最後まで撮影・記録し、お客様に随時お渡しをしています。

完工時に保証書をお渡しいたします。弊社はアフターメンテナンスも充実しておりますので、工事が終わった後も安心です。

①足場組み立て

1、トラックで部材を搬入。

2、飛散防止・養生ネットを張って完成。

②解体工事~土葺き解体~

1、瓦をめくっていきます。

2、瓦の下の土を撤去します。

3、杉皮を撤去します。

4、天井の中へ入って屋根板のすき間から落ちた土も福山で唯一当社のみ所有するクリーンカーで掃除します。

5、左・掃除後  右・掃除前

6、天井掃除をして解体工事は完了。

解体工事~空葺き解体~

1、瓦をめくっていきます。

2、瓦桟木を撤去します。

3、防水紙を撤去します。

4、屋根板が見える状態になれば解体工事は完了です。

~化粧スレート(カラーベスト)解体~

1、スレートをめくっていきます。

2、1枚ずつ釘を抜いて、なるべく割らない様に撤去します。

3、防水紙を撤去します。

4、屋根板が見える状態になれば解体工事は完了です。

③屋根下地づくり

1、傷んでいる屋根板は補修します。

2、古い屋根板を撤去して、新しい屋根板を張ります。

3、古い屋根板の上に新しい屋根板を増し張りします。

4、古い屋根板の上に新しい合板を増し張りします。

5、防水紙を敷きます。

6、垂木の位置に合わせて縦桟テープを張ります。

7、瓦を引っ掛ける横桟木。

8、縦桟テープがあることで、横桟木と防水紙の間にすき間が生まれ、水をせき止めるのを防ぎます。

④瓦葺き~和形瓦~

1、運ばれてきた瓦を屋根に上げて規則正しく並べます。

2、風の力を受けやすい軒先部は3点留めします。

3、袖部も3点留め。コウモリ、スズメが入らないように漆喰をつめてすき間を塞ぎます。

4、一段ずつ並べ、上にあがっていきます。

④瓦葺き~平板瓦~

1、運ばれてきた瓦を屋根に上げて規則正しく並べます。

2、風の力を受けやすい軒先部は3点留めします。

3、袖部も3点留め。コウモリ、スズメが入らないように漆喰をつめてすき間を塞ぎます。

4、一段ずつ並べ、上にあがっていきます。

④瓦葺き~ROOGA~

1、平部は全枚数釘留め全てステンレスの釘を使います。

2、風の力を受けやすい軒先部は3点留めします。

3、袖部も3点留め。コウモリ、スズメが入らないように漆喰をつめてすき間を塞ぎます。

4、一段ずつ並べ、上にあがっていきます。

⑤棟~のし積み耐震工法~

1、屋根用漆喰のなんばん漆喰を使用します。

2、棟釘を家本体に打ち込み、ステンレス筋を敷き込み、緊結します。

3、全ての熨斗瓦を銅線でステンレス筋に緊結します。

4、一番上は冠瓦でフタをして完成。

棟~7寸丸仕様・三角冠~

1、棟金具を取り付け、芯木(六つ割り)を設置。

2、芯木の周りに漆喰をつめます。

3、冠瓦を並べます。

4、パッキン付ステンレスビス2本で六つ割に固定します。

棟~ルーガ乾式工法~

1、棟金具を取付け、芯木(六つ割り)を設置。

2、乾式防水シートを使用して棟部も土を使わず軽量化します。

3、棟包みを並べます。

4、パッキン付ステンレスビス2本で芯木に固定して完成です。

⑥点検・掃除

1、工事途中から完成後まで、営業、工務による進捗管理、点検を続けます。

2、足場を解体後、掃除をします。

大した保証もされず、何か起きたらどうしよう…という不安を心の奥底で感じながら過ごす毎日。要望を伝えても追加費用になる、と言われた…。問題が起きても色々理由をつけられて対応してもらえなかった…。

当社では、施工のし直しを行います。加えて葺き替え物件に限り、施工10年保証もございますのでご安心ください。※思っていた色とイメージが違うなど色に対する理由を除きます。

リフォームが終わってからがお客様との本当のお付き合いの始まりです。
弊社では工事完了後はお客様宅を定期訪問いたします。不具合など、お気づきの点がございましたらご相談ください。
メンテナンスはがきの送付以外にも、お客様へニュースレターをお送りしております。定期的に皆様にお届けさせていただく事で、お家のお悩み相談などのきっかけになったらよいなと思っております。

また、OBのお客様とのワークショップなどもイベントなども開催しております。

藤井製瓦工業について

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

  • 瓦
  • 塗
  • 庭
  • 外まわりリフォームメニュー表
  • びんごデコラとは
  • 屋根お守り会委員募集中
  • ドローン屋根点検
雨漏り診断
  • 施工の流れ
  • LINE簡単見積もり